そばのおすし

2014/06/10 - 山口県

山口県の県庁所在地山口市。
県庁、県議会場などなど、県内の小学生のほとんどが学校のバス旅行で訪れるであろう場所のひとつ、国宝・瑠璃光寺の五重塔のすぐ前にこのお店はあります。
が。いわゆるな感じの観光地のおそば屋というわけでもなく、私の記憶が間違っていなければ、もともとは別の場所にあり、それなりに長いお店だと思います。

そして、このお店の名物は「そばずし」。
その名のとおり、巻き寿司のようにおそばをのりで巻いてあります。

0420

実は鴨そばが食べたかったりしたのですが、西日本には鴨って少ないような気がするのは私だけでしょうか。
こちらのお店でも鶏肉だと書いてあったので、鴨はあきらめて名物「そばずし」に。

のりの内側にうす焼き玉子、そばを寿司飯に見立てて、中心には具が入っています。
これをつゆにつけて食べるわけですが、ほんのりお寿司のような酸味が。
おお、すごい、何にお酢がきいているのだ?と思いつつ、もくもく食べてみましたが判明できず(涙)。
ばらばらに崩して食べる勇気がなかったのでした。

少々かためのおそばが巻き寿司の形態になかなか合います。
これをつまみにおいしいお酒などもよさそうな…。
ちなみにそばずしは持ち帰り用もあるようです。

@そば処東京庵(山口市香山町)
HP:http://tabelog.com/yamaguchi/A3501/A350101/35003116/

› tags: そば / そばずし / 山口市 / 東京庵 /

© 2018 ぐるぐる山口