節分の日に王道の和食

2014/02/03 - 山口県

0393

節分の日のお昼に和食をいただく。
なんか正しい感じがしますね。

地元で長く続く評判のお店でも案外行ったことがないところも多いもので、このお店もそのひとつ。この日初めてお邪魔してみました。
本来はお休みの曜日だったのですが、節分の巻き寿司のためにお店をオープンされていたようです。そのせいもあったのか、はたまた時間が少し早かったからなのか、若干ゆったりめ?
予約なしでもすんなりとお座敷に通していただきました。落ち着ける雰囲気のお部屋は掘りごたつ式の座卓で和室だけれど足も楽チン。

ランチのメニューは何種類かあったので、一緒に行った人数分いろいろ頼んでみましたが、わたしのイチ押しはなごみ膳(=写真)。
お刺身、てんぷら、お寿司、茶碗蒸しと王道中の王道和食メニュー。
この日の汁椀はあさりのお味噌汁でした。
食後にはコーヒーと小さなデザートもついています。
ちょっとした贅沢ランチですがさすがの味わい。お得感もたっぷり。大満足でした。

@味処三松(宇部市中央町)
HP:http://tabelog.com/yamaguchi/A3504/A350401/35003125/

© 2018 ぐるぐる山口